こんにちは、久川和人です。

今回は、Screenpresso(スクリーンプレッソ)を使った、画面キャプチャの撮り方を解説していきます。

Screenpressoは、画面のキャプチャーや画像の加工・注釈を入れたり、動画を撮る際に便利な無料ソフトウェアです。

Screenpressoのインストールと初期設定方法は、こちらをご覧ください。
Screenpressoのインストールと初期設定方法を解説

なお、Screenpressoでは、画面キャプチャのことを、スクリーンショットと呼びます。

Screenpressoの起動

①Windowsのスタートメニューから、【Screenpresso】をクリック。
Screenpresso起動

すでに起動している場合は、画面右下の【Screenpresso】アイコンをクリック。
Screespress起動

②Screenpressoのワークスペースが起動します。
Screenpresso起動

画面キャプチャを撮る

①Screenpressoのワークスペースにある【キャプチャ】をクリックし、【▼プルダウン】をクリック。
Screenpressoのキャプチャ

②スクリーンショットの一覧が表示されます。撮りたいスクリーンショットを選び、クリックします。
スクリーンショット一覧

一覧にあるスクリーンショットをいくつか紹介します。

指定領域のスクリーンショット

①【指定領域のスクリーンショット】を選択すると、好きな範囲の画像を保存できます。十字型のカーソルをドラックして範囲を指定します。
この時、画面の右下には、マウスの位置が拡大して表示されます。
画面キャプチャ

上記のように指定すると、以下の画面キャプチャが取得できます。
画面キャプチャ結果

②保存されると、Screenpressoのワークスペースに表示されます。
Screenpressoワークスペース

なお、キャプチャしたいウインドウをクリックだけした場合(ドラックせずにマウスのクリックのみ)は、該当のウインドウが保存されます。

全画面のスクリーンショット

画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。

スクリーンショットの起動を遅らせる(3秒)

スクリーンショットの起動を3秒間遅らすことができます。実行すると、カウントダウンタイマーが表示されて、3秒後の画像を撮ります。

用途としては、右クリック時の画像を撮る。プルダウンメニューの場像を撮るときなどに利用します。

右クリックを撮った画像
カウントダウンタイマー

プルダウンメニューを撮った画像
メモ帳のプルダウン

自動スクロールを使ってスクリーンショット

ページ全体のスクリーンショットを撮ることができます。実行すると、使い方の手順が表示され、手順どおり実行すると、ページ全体のスクリーンショットを撮ることができます。
自動スクリーンショット

このように、表示されていない範囲が好きなように選べます。

保存された画像の確認方法

保存された画像は、Screenpressoのワークスペースに表示されます。
保存された画像

画像を右クリックすると、クリップボードにコピーや、別の名前で保存保存、削除ができます。
メニュー

まとめ

Screenpressoで画面キャプチャ(スクリーンショット)を撮る方法について説明いたしました。

撮りたい画像に合わせて、様々な方法で画面キャプチャを撮ることができるので、いろいろと試しながら使ってみてください。

次回は、画面キャプチャした画像の加工や注釈を入れる方法について紹介いたします。
Screenpressoで画像を加工。注釈、矢印、枠線、文字などを追加する方法

もし、このブログを読んで、興味を持った。質問がある。感想がある。などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事