こんにちは、久川和人です。

WordPressは一般的に広く利用されているため、WordPressのバグ(セキュリティホール)を利用した不正アクセスをされる危険性があります。

不正アクセスをされると、

  • 情報漏洩がおこる。
  • ブログの改ざん、削除される。
  • WordPress管理画面へのアクセスができなくなる。
  • コンピュータ―ウイルスが仕掛けられる。
  • 他のサーバーへの不正アクセスする際の踏み台になる。

など、自分のブログが被害にあうだけではなく、他の人が被害を受けることもあり、ブログが運営できなくなることもありえます。

このような不正アクセスを検知し遮断するための技術のことをWAF(Webアプリケーションファイアウォール)と呼び、エックスサーバーでは標準機能で、このWAF設定をすることが可能です。

今回は、エックスサーバーで不正なアクセスを遮断するWAF設定をする方法についてお話していきます。

WAF設定する場所にアクセスする

WAF設定する場所は、エックスサーバーのサーバーパネルにあります。ここでは、最初にサーバーパネルの接続を行います。

1.エックスサーバーのインフォパネルにログインする

インフォパネル(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)にアクセスし、
①【会員ID】または【メールアドレス】、
②【インフォパネルパスワード】を入力して、
③【ログイン】をクリックします。
インフォパネルログイン画面

※【会員ID】、【インフォパネルパスワード】は、エックスサーバーを申し込んだ際に、
"【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)"
というタイトルのメールに書かれています。

ログインに成功すると、エックスサーバーのインフォパネルが表示されます。

2.サーバーパネルにログインする

インフォパネルにログインしたら、サーバーパネルの【ログイン】をクリックします。
インフォパネル

サーバーパネルが表示されます。WAF設定をするための設定場所は、赤枠の部分になります。
WAF設定場所

WAF設定方法

①【WAF設定】をクリックします。
WAF設定

②設定したいドメインの右側にある【選択する】をクリックします。
ドメインを選択

③全ての項目の状態を『ON』にするため、ここでは上から順番にONにしていきます。XSS対策の右側にある【ONにする】をクリックします。
WAF設定一覧

④XSS対策の設定が完了しました。【戻る】をクリックし、③の画面に戻ります。
XSS設定完了

⑤つぎにSQL対策の右側にある【ONにする】をクリックします。
SQL対策をONにする

⑥SQL対策の設定が完了しました。【戻る】をクリックし、⑤の画面に戻ります。
XSS設定完了

⑦ファイル対策、メール対策、コマンド対策、PHP対策も⑤~⑥と同じように、それぞれ右側にある【ONにする】をクリックしていきます。
すべてONにする

⑧すべての対策ONにすると、状態が『ON』に変わります。
すべてONの状態

WAF対策は以上になります。

おわりに

今回は、不正アクセスを検知し遮断するためのWAF設定についてお話いたしました。

WAF設定にはつぎのような設定箇所があります。

  • XSS対策
  • SQL対策
  • ファイル対策
  • メール対策
  • コマンド対策
  • PHP対策

いずれも、不正なアクセスを検知した場合は遮断したほうが良いので、すべて有効にして問題ありません。

エックスサーバーを利用している場合は簡単にできるので、WAF設定を有効(ON)にして対策をしてくださいね。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事