こんにちは、久川和人です。

WordPressで記事や画像が多くなってくると、サイトの表示が遅くなることがあります。

そんなときは、エックスサーバーの高速化の設定を試してみると改善されるかもしれません。

サイトの表示が遅いと、

  • 読者さんが表示されるのを待ちきれず、他のブログを見に行ってしまう。
  • グーグルなどの検索エンジンでの評価が下がる可能性がある。

など、悪い影響を与えるなんてこともあります。

今回は、簡単にできる。エックスサーバーでWebサイトを高速化する3つの方法についてお話していきます。

エックスサーバーを高速化する4つの機能

エックスサーバーには高速化するための機能として、4つの機能が提供されています。

エックスサーバーの高速化の機能
  • Xアクセラレータ
  • mod_pagespeed設定
  • ブラウザキャッシュ設定
  • PHP高速化設定(FastCGI化)

このうち、『PHP高速化設定(FastCGI化)』は、最初からON(有効)になっており、OFF(無効)に変更もできません。

そのため、『Xアクセラレータ』、『mod_pagespeed設定』、『ブラウザキャッシュ設定』の3つの設定を行っていきます。

設定の前に、それぞれの機能について説明いたします。

Xアクセラレータ
Webサイトの表示速度を向上させるとともに、同時アクセス数を大幅に拡張することが可能になります。
最大で10倍以上のサイトパフォーマンスを実現できます。
mod_pagespeed設定
グーグル社により開発された拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用して、Webサイトの表示速度を向上させる機能です。
ファイルを圧縮してデータ転送量を削減する、同種のファイルを一まとめにして無駄な通信を削減するなどの最適化処理を実施します。
この最適化処理により、Webサイトにアクセスしたブラウザはデータ転送量が減少し、また、ページのロード時間を短縮できるため、Webサイトの表示速度改善を期待することができます。
ブラウザキャッシュ機能
Webブラウザ側でのキャッシュ利用を指示するレスポンスヘッダの出力を付加します。
同一ファイルへの再アクセス時にはブラウザ側のキャッシュファイルが利用され、表示速度の向上や転送量の軽減を行うことができます。

説明だとわかりづらいですね。簡単に言うと、それぞれの設定を有効にすると、Webサイトの表示速度が速くなるということです。

それでは、それぞれの設定方法を説明していきます。

高速化するための設定場所にアクセスする

1.エックスサーバーのインフォパネルにログインする

インフォパネル(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)にアクセスし、
①【会員ID】または【メールアドレス】、
②【インフォパネルパスワード】を入力して、
③【ログイン】をクリックします。
インフォパネルログイン画面

※【会員ID】、【インフォパネルパスワード】は、エックスサーバーを申し込んだ際に、
"【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)"
というタイトルのメールに書かれています。

ログインに成功すると、エックスサーバーのインフォパネルが表示されます。

2.サーバーパネルにログインする

インフォパネルにログインしたら、サーバーパネルの【ログイン】をクリックします。
インフォパネル

サーバーパネルが表示されます。高速化するための設定場所は、赤枠の部分になります。
高速化の場所

Xアクセラレータの設定方法

①【Xアクセラレータ】をクリックします。
Xアクセラレータをクリック

②設定したいドメインの右側にある【選択する】をクリックします。
※既に設定されている場合は、現在の設定が【ON[静的ファイル]】のようになっています。
選択

③変更後の設定が【ON[静的ファイル](推奨)】になっていることを確認し、【設定変更(確認)】をクリックします。
設定変更

④【設定変更(確定)】をクリックします。
設定変更確定

⑤設定が変更されました。
設定変更

⑥画面左上にある【ロゴ】をクリックすると、最初の画面に戻ります。
エックスサーバーロゴ

mod_pagespeed設定の設定方法

アクセラレータをON(有効)にしないと、mod_pagespeed設定はON(有効)にできません。

①【mod_pagespeed設定】をクリックします。
mod_pagespeed設定

②設定したいドメインの右側にある【選択する】をクリックします。
選択する

③【ONにする】をクリックします。
ONにする

④設定が変更されました。
有効

⑤画面左上にある【ロゴ】をクリックすると、最初の画面に戻ります。
エックスサーバーロゴ

ブラウザキャッシュ設定の設定方法

①【ブラウザキャッシュ設定】をクリックします。
ブラウザキャッシュ設定

②設定したいドメインの右側にある【選択する】をクリックします。
選択する

③変更後の設定が【ON[全ての静的ファイル] ※推奨設定】になっていることを確認し、【設定変更】をクリックします。
ONにする

④設定が変更されました。
設定変更完了

⑤画面左上にある【ロゴ】をクリックすると、最初の画面に戻ります。
エックスサーバーロゴ

Webサイトで不具合が発生した場合

これらの設定を行うと、”Webサイトで画像や動画が表示されない”という不具合がまれに発生することがあります。

その場合は、『mod_pagespeed設定』の設定をOFFにしてください。

①【mod_pagespeed設定】をクリックします。
mod_pagespeed設定

②設定したいドメインの右側にある【選択する】をクリックします。
選択する

③【OFFにする】をクリックします。
OFFにする

おわりに

エックスサーバーでWebサイトを高速化する3つの方法をお話いたしました。

高速化させるための以下の3つの方法があります。

  • Xアクセラレータ
  • mod_pagespeed設定
  • ブラウザキャッシュ設定

Webサイトが高速化されることは、以下のようなメリットがあります。

  • 読者さんがストレスなくWebサイトを見ることができる。
  • Webサイトの表示が遅いことによる、グーグルなどの検索エンジンでの評価をが下がることを防ぐことができる。

いずれの方法も簡単に設定ができ、もしWebサイトで表示の不具合などが発生しても簡単に戻すことができます。

エックスサーバーを利用している場合は、ぜひ試してみてくださいね。

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事