こんにちは、久川和人です。

アドセンスを申請する際に、アドセンス審査コードをブログに貼る必要があるのですが、WordPress管理画面の【テーマの編集】からだと、WordPress4.9以降、エラーが発生してアドセンス審査コードが貼れないという事象が発生しています。

保存しようとすると、つぎのようなメッセージが表示されます。
テーマの編集

そこで、今回は、Simplicityでアドセンス審査コードがエラーで貼れない場合の対応方法についてお話していきます。

アドセンス申請の方法は、こちらをご覧ください。

Googleアドセンスの申請方法をわかりやすく解説します!

アドセンス審査コードが貼れない場合の手順

FTPクライアントソフトとエディタを使用した、『テーマの編集』はつぎの手順で行います。

  1. FTPクライアントソフト(FileZilla)の導入
  2. エディタ(サクラエディタ)の導入
  3. FTPクライアントソフトから【header-insert.php】ファイルをダウンロード
  4. エディタで【header-insert.php】ファイルを編集
  5. FTPクライアントソフトで編集した【header-insert.php】ファイルをアップロード
  6. WordPress管理画面で【header-insert.php】ファイルが正しく保存されたか確認

それぞれ、順番に説明します。

1.FTPクライアントソフト(FileZilla)の導入

テーマの編集にあるphpファイルをダウンロードするため、FTPクライアントソフトを導入します。僕がおすすめしているのは、FileZillaというソフトになります。

導入方法はこちらをご覧ください。

 

2.エディタ(サクラエディタ)の導入

Windowsの場合、標準でメモ帳がインストールされています。しかし、PHPファイルをメモ帳で編集してしまうと、文字コードが対応しておらず、PHPファイルの中身がおかしくなります。Microsoft Wordも対応していません。

PHP用のテキストエディタとしては、無料のものだとサクラエディタやTeraPad、有料のものだと秀丸エディタなどがあります。

ここでは、サクラエディタの導入方法はこちらの記事をご覧ください。

 

3.FTPクライアントソフトから【header-insert.php】ファイルをダウンロード

FileZillaをサーバーに接続します。接続方法は、『1.FTPクライアントソフト(FilleZilla)の導入』を参照してください。

FileZillaで、WordPressテーマの編集にあるファイルにアクセスします。アクセス先は、
「ドメイン名/public_html/wp-content/themes/simplicity2-child」
です。

1.アドセンス審査コードを貼りたい【ドメイン名】をダブルクリックする。
ドメイン名クリック

2.【public_html】をダブルクリックする。
publicを選択

3.【themes】をダブルクリックする。
themesをダブルクリック

4.【simplicity2-child】をダブルクリックする。
simplicity2-childをダブルクリック

5.【header-insert.php】を探して、ドラック&ドロップで左ウインドウにコピーする。
ドラック&ドロップ

6.【hearder-insert.php】がコピーされます。
header-insert.phpコピー

4.エディタで【header-insert.php】を編集

1.【header-insert.php】を編集する前に、アドセンス審査コードを準備します。アドセンス審査コードは、グーグルアドセンスからきたメールにあるリンク先や、アドセンス画面に表示されています。

アドセンス審査コードは、以下のようになっています。
アドセンス審査コード貼り付けイメージ4

2.アドセンス審査コードが確認出来たら、先ほどダウンロードしたFilleZillaの【header-insert.php】を右クリックして、【開く】をクリックします。
PHP編集

3.①「サクラエディタ」をクリックし、②【OK】をクリックします。一覧にサクラエディタがない場合は、【その他のアプリ↓】をクリックしてサクラエディタを探します。
サクラエディタを開く

4.アドセンス審査コードをコピーします。グーグルアドセンスの画面の【コードをコピー】をクリックします。
コードをコピーをクリック

5.テキストエディタの赤枠部分をクリックします。クリックすると、カーソルがつぎのようになります。
テキストエディタ選択

6.キーボードの【ctrl】+【v】キーを押して(【ctrl】キーを押しながら、【v】キーを押す)、アドセンス審査コードを貼り付けます。
センス審査コード貼り付け

7.貼り付けが終わったら、【上書き保存】ボタンをクリックして保存します。保存が終わったら、右上の【×】ボタンで閉じます。
ファイルを上書き保存

5.FTPクライアントソフトで編集した【header-insert.php】ファイルをアップロード

1.編集した【header-insert.php】ファイルをドラック&ドロップで右ウインドウにコピーします。
右ウインドウにコピー

2.上書きするかどうかの確認メッセージが表示されます。そのまま、【OK】をクリックします。
保存確認

3.ファイルが保存されました。FileZillaは右上の【×】をクリックして、閉じてください。
閉じる

6.WordPress管理画面で【header-insert.php】ファイルが正しく保存されたか確認

WordPress管理画面で【header-insert.php】ファイルが正しく保存されたか確認します。

1.WordPress管理画面の左メニューの外観】⇒【テーマの編集】をクリックします。
テーマの編集をクリック

2.右側のテーマファイルから、①【header-insert.php】をクリックします。②設定した内容が正しく保存されているかどうか確認します。
保存内容確認

おわりに

Simplicityでアドセンス審査コードが貼り付けできない場合の対処方法を説明いたしました。

アドセンス審査コードは、Simplicityの場合は、以下の3点だけ注意すれば大丈夫です。

  • 改ざんせず、そのまますべて貼り付ける。
  • header-insert.phpの所定の場所に貼り付ける。
    (<?php //ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入 ?>の下の行)
  • 編集する際は、Windowsにあるメモ帳を使わずに、PHPが編集できるエディタを使用する。

エラーが出たからといって、アドセンス申請を諦めずに、進めてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事