こんにちは、久川和人です。

WordPressで『テーマの編集』をしようとすると、エラーが出て編集できない場合があります。

今回は、WordPressの『テーマの編集』でエラーが出た際の対処方法についてお話していきます。

WordPress4.9以降で『テーマの編集』でエラーが発生

WordPressで『テーマの編集』を行い、【ファイルの更新】を行おうとすると、エラーメッセージが出てファイルの更新ができない場合があります。

たとえば、こんなメッセージ。
テーマの編集

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHPの変更は取り消されました。SFTPを使うなど、他の手段でPHPファイルの変更をアップロードする必要があります。

これは、WordPress4.9から実装された構文エラーを防ぐための機能です。

『テーマの編集』で扱うPHPというファイル類は、WordPressを動作させるために非常に重要なファイルです。phpファイルの設定を間違うと、画面が真っ白になって何も表示されなくなることもあります。

ただ、実際には、編集した内容によっては問題ない構文でも、エラーと判断して更新できないことが起こっています。

見出しのデザインを変更したり、アドセンスコードを貼ったりするのに、テーマの編集ができないと困りますよね。

そのようなときは、FTPクライアントソフトとエディタを使用して、PHPファイルを直接編集します。

FTPクライアントソフトとエディタを使用した、『テーマの編集』を行う方法

FTPクライアントソフトとエディタを使用した、『テーマの編集』はつぎの手順で行います。

  1. FTPクライアントソフト(FileZilla)の導入
  2. エディタ(サクラエディタ)の導入
  3. FTPクライアントソフトから編集したいファイルをダウンロード
  4. エディタでファイルを編集
  5. FTPクライアントソフトで編集したファイルをアップロード

それぞれ、順番に説明します。

1.FTPクライアントソフト(FileZilla)の導入

テーマの編集にあるphpファイルをダウンロードするため、FTPクライアントソフトを導入します。僕がおすすめしているのは、FileZillaというソフトになります。

導入方法は、こちらの記事をご覧ください。

 

2.エディタ(サクラエディタ)の導入

Windowsの場合、標準でメモ帳がインストールされています。しかし、PHPファイルをメモ帳で編集してしまうと、文字コードが対応しておらず、PHPファイルの中身がおかしくなります。Microsoft Wordも対応していません。

必ず、PHP用のエディタを利用してください。

PHP用のテキストエディタとしては、無料のものだとサクラエディタやTeraPad、有料のものだと秀丸エディタなどがあります。

ここでは、サクラエディタの導入方法はこちらの記事をご覧ください。

 

3.FTPクライアントソフトから編集したファイルをダウンロード

FileZillaで、WordPressテーマの編集にあるファイルにアクセスします。アクセス先は、
「ドメイン名/public_html/wp-content/themes/テーマ名」
です。

ここでは、例として、WordPressテーマのシンプリシティの”header-insert.php”をダウンロードします。

「ドメイン名/public_html/wp-content/themes/simplicity2-child」にある”header-insert.php”をドラック&ドロップで左ウインドウにコピーします。
ドラック&ドロップ

これでサーバーから”header-insert.php”をダウンロードできます。

4.エディタでファイルを編集

1.ダウンロードした”header-insert.php”を右クリックして、【開く】をクリックします。
PHP編集

2.①「サクラエディタ」をクリックし、②【OK】をクリックします。一覧にサクラエディタがない場合は、【その他のアプリ↓】をクリックしてサクラエディタを探します。
サクラエディタを開く

3.エディタが開くので、編集が終わったら、【上書き保存】ボタンをクリックします。
エディタを保存

5.FTPクライアントソフトで編集したファイルをアップロード

1.編集したファイルをドラック&ドロップで右ウインドウにコピーします。
右ウインドウにコピー

2.上書きするかどうかの確認メッセージが表示されます。そのまま、【OK】をクリックします。
保存確認

3.ファイルが保存されました。FileZillaは右上の【×】をクリックして、閉じてください。
閉じる

おわりに

今回は、WordPressの「テーマの編集」でエラーが保存できない場合についてお話いたしました。

FTPクライアントソフトとエディタが必要になりますが、つぎの手順で編集は可能です。

  1. FTPクライアントソフト(FileZilla)の導入
  2. エディタ(サクラエディタ)の導入
  3. FTPクライアントソフトから編集したいファイルをダウンロード
  4. エディタでファイルを編集
  5. FTPクライアントソフトで編集したファイルをアップロード

始めのうちは、エディタで修正するのが不安になるかと思いますが、FTPクライアントソフトとエディタを利用すれば簡単に編集できます。ただし、エディタはWindowsに標準にある「メモ帳」は使用しないようにしてくださいね。

もし、テーマの編集でエラーがでて対応ができなくなった場合はお試しください。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事