こんにちは、久川和人です。

最近は、Google社がSSL化(https)したサイトを評価するといった公式発表が出ています。
Google社のhttpsに関する公式情報

SSL化(https)すると通信を暗号化させ、安全に接続させることができます。そのため、SSL化させることは、Google検索エンジンの評価以上に、あなたのサイトに訪れた読者さんが安心してあなたのサイトを見たり、お問い合わせや申込フォームに入力できるといったメリットが大きいです。

そこで今回は、エックスサーバーのWordPressをSSL化(http⇒https)にする方法について説明いたします。

SSL化は少し手間がかかりますが、手順どおりに進めれば簡単にできますので、手順を見ながら確実に作業をしていってください。

なお、この手順を見て難しそう、面倒だと思ったら、僕がSSL化の代行サービスも行っているので、お問い合わせくださいね。
久川に問い合わせてみる

WordPressをSSL化(http⇒https)する手順

WordPressをSSL化する主な手順はつぎのとおりです。

  • WordPress全体のバックアップ
  • エックスサーバーでSSL化の設定
  • WordPress管理画面からURLを変更
  • 内部リンクをSearch Regexプラグインで、http⇒httpsに変換
  • .htaccessにリダイレクト用コードを追記
  • SSL化のエラーチェック
  • 各種サービスなどの設定変更

順番に手順を説明していきます。

WordPress全体のバックアップを行う

SSL化の前に、万が一に備えて、WordPressのバックアップを取得します。

エックスサーバーのWordPressバックアップ方法は、こちらをご覧ください。

 

エックスサーバーでSSL化設定を行う

バックアップを取得したら、SSL化を行います。

①エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスします。
エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスする

サーバーIDパスワードを入力し、【ログイン】をクリック。
サーバーパネルにログイン

③ドメイン欄の【SSL設定】をクリック。
SSL化設定をクリック

④ドメイン選択画面が表示されます。SSL化したいドメインの右にある【選択する】をクリック。
SSL化するドメインを選択

【独自SSL設定の追加】をクリック。
独自SSL設定の追加をクリック

【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリック。「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」のチェックは不要です。
独自SSL設定を追加するをクリック

⑦このような表示がでます。反映までに最大1時間程度かかるので、しばらく待ちます。20分~1時間程度たったら、【SSL設定の一覧】をクリック。
SSL設定

⑧無料独自SSL一覧に、SSL用アドレス(https://ドメイン名/)が表示されます。このURLをクリック。
無料独自SSL

あなたのブログが表示されれば、SSL化は完了です。

SSL化が終わっていない場合は、つぎのような表示が出ます。
アクセスできない

なお、僕がSSLしたときは、20分ぐらいで反映されました。

SSL化したサイトが表示されるようになったら、つぎの手順に進みます。

エックスサーバーでの設定は以上になりますので、サーバーパネルは閉じても大丈夫です。

WordPress管理画面からURLを変更する

WordPress管理画面にあるURL設定を変更します。

①WordPress管理画面にログインし、左メニューの【設定】⇒【一般】をクリック。
WordPress管理画面の一般設定

②【WordPressアドレス】と【サイトアドレス】の先頭の”http://””https://”に変更します。
httpsに変更

③画面を一番下にスクロールし、【変更を保存】をクリック。
設定を保存

④WordPressのログイン画面が表示されますので、ログインします。すると、URLが”https://”となり、鍵のマークと”保護された通信”と表示されます(Google Chromeの場合)。
保護された通信

これで、ブログ自体のSSL化は完了です。しかし、このままだと完全にSSL化されていません。つぎの手順に進みます。

内部リンクを【Search Regex】プラグインで、http⇒httpsに変換する

つぎは、画像・音声ファイルの参照先や内部リンクのURLなどが”http://”のままとなっているので、”https://”に変更する必要があります。

投稿記事や固定ページが少なければ、一つひとつ記事の内容などをチェックしながらできるかもしれません。ただ、確認漏れがあったり、記事が数十、数百とあるととても大変ですよね。

そこで、一括で置き換えができる【Search Regex】というプラグインを利用します。

【Search Regex】プラグインのインストール

①管理画面の左メニューの【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。
プラグイン導入

②右上のキーワードに【search regex】と入力し、
③Search Regexを確認し、【今すぐインストール】をクリックします。
Search Regexプラグインのインストール

【有効化】をクリック。
Search Regexプラグインの有効化

⑤プラグイン一覧の画面に切り替わり、【プラグインを有効化しました。】と表示されます。
プラグイン有効化

Search Regexプラグインがインストールされ、有効化されました。

"http://"⇒”https://”の一括変換の方法

Search Regexプラグインを使用して、ブログ内の”http://”を”https://”に一括変換します。

①WordPress管理画面於左メニューの【ツール】⇒【Search Regex】をクリック。
Search Regex設定

【Search pattern】【Replace pattern】を入力し、【Replace>>】をクリック。
Search Regex設定画面

  • Source:Post content(初期値のまま)
  • Limit to:No Limit(初期値のまま)
  • Order By:Ascending(初期値のまま)
  • Search pattern:SSL化する前のあなたのブログのURL(http://~)を入力
  • Replace pattern:SSL化した後のあなたのブログのURL(https://~)を入力
  • Regex:チェック不要(初期値のまま)

入力したら、【Replace>>】をクリック。

③どのURLがどのように変わるのか、リストが表示されます。変換される箇所が、赤色で表示されます。
一括変換一覧
たくさん出てきますが、すべて確認することをおすすめします。
もし、一覧で変換されないURLがある場合は、どの記事のどのURLか控えておき、後で、手動で変更します。

④全て確認が終わったら、【Replace & Save>>】をクリック。
Replace&Save>>

⑤一括変換が終わると、変換された件数が表示されます。
一括変換結果

「.htaccess」に301のリダイレクト用コードを追記する

SSL化すると、あなたのブログのURLが、”http://あなたのドメイン”から、”https://あなたのドメイン”に変わります。

僕のこのブログの場合だとURLが、”http://hisagawanet01.com”から、”https://hisagawanet01.com”になるんですね。

ここで困るのが、SSL化する前にお気に入りに登録していた読者さんや、URLの入力を誤って”http://~”としたときに、URLが変更になっているので、エラーになります。

過去に投稿したSNSやメルマガに記載されているURLが”http://~”となっている場合も、わざわざ変更するのは大変ですよね。

そこで、”http://~”でアクセスしても、”https://~”に自動的に転送できる方法として、『.htaccess』というファイルを編集します。

『.htaccess』の編集する方法として、エックスサーバーのファイルマネージャを使います。

①エックスサーバーのファイルマネジャにアクセスします。
エックスサーバーのファイルマネジャにアクセスする

FTPユーザーIDFTPパスワードを入力し、【ログイン】をクリック。
ファイルマネージャにログイン
※FTPユーザーIDとFTPパスワードは、サーバーID/パスワードと同じです。

SSL化したいドメインをクリック。
WebFTP

『Public_html』をクリック。
WebFTP

『.htaccess』をクリック。
.htaccessをダウンロード

⑥『.htaccess』がダウンロードされます。『.htaccess』の【下矢印】をクリックし、【フォルダを開く】をクリック。
フォルダを開く

⑦ダウンロードしたファイルが表示されます。『.htaccess』ファイルを保存しておくことで、万が一ファイルの修正を間違っても元に戻せます。
ダウンロードしたファイル

⑧つぎに、『.htaccess』ファイルを編集します。『.htaccess』の左側にチェックをして、【編集】をクリック。
ファイルを編集

⑨編集画面が表示されます。
.htaccess編集画面

⑨以下のコードをコピーします。

⑩コピーしたコードを、先頭に貼り付ける。貼り付けたら、【編集】をクリック。
.htaccess編集

⑪編集が完了したら、ブラウザに”http://あなたのブログのドメイン”を入力して表示されるか確認します。表示されない場合は、⑩のように、正しくコードが表示されているか確認してください。

⑫正しく表示されたら、【ログアウト】をクリックし、終了させます。
WebFTPを終了

SSL化のエラーチェック

ここで、あなたのブログ(https://あなたのブログのドメイン)を表示させてみてください。

SSL化確認

Google Chromeの場合、このように、鍵マークがついて、「保護された通信」という表示になっていれば、SSL化は完了です。つぎの章へ進んでください。

もし、つぎのように鍵マークがつかない場合は、完全にはSSL化されていません。
SSL化不完全

完全にSSL化されない場合は、以下の原因が考えられます。

  • WordPressテーマの問題
  • ウィジェット内のリンク
  • ヘッダーやサイドバーの画像やリンク
  • アフィリエイトリンク
  • ブログランキングのバナー

これらを確認をしていきましょう。

WordPressテーマの問題

古いWordPressテーマを使っている場合、テーマの中で、”http://”を使っている場合があります。

この後に説明しますが、ブラウザのデバックツールで確認することもできます。しかし、WordPressテーマの最新版だと修正されている場合がありますので、WordPressテーマの最新版をダウンロードして更新してみてください。

なお、Simplicityの場合は、公式サイトからダウンロードサイトにアクセスして、最新版に更新してください。更新手順も、ダウンロードサイトに詳しく書かれています。
Simplicityのダウンロードサイト

ウィジェット内のリンクのチェック

ウィジェット内のリンクは、Search Regexプラグインでは変換できません。そのため、手動で変更する必要があります。

①WordPress管理画面の左メニューの【外観】⇒【ウィジェット】をクリック。
ウィジェットを選択

②ウィジェットの一覧が表示されるので、すべてのウィジェットの内容を確認し、”http://”がある場合は、”https://”に置き換えます。
ウィジェット

とくに、画像や内部リンク、アフィリエイト用バナー、ブログランキング用バナーなどをチェックしてみてください。

ディベロッパーツールでの確認

ここまで確認しても、SSL化されない(URLの左側に、鍵マークがつかない)場合は、Google Chromeのディベロッパーツールで確認します。

①Google Chromeの右上の【Google Chromeの設定】⇒【その他のツール】⇒【ディベロッパーツール】をクリック。
ディベロッパーツールを起動

②ディベロッパーツールが表示されるので、【Security】をクリック。”http://~”となっている箇所をクリック。
ディベロッパーツール

③エラーとなっている画像などが表示される。この箇所を修正する。
エラー箇所

②のエラーとなっている箇所をすべて修正していきます。

各種サービスなどの設定変更

これで、あなたのサイトのSSL化作業は完了しました。

でも、あなたのサイト以外で利用しているサービスなどのURLを変更する必要があります。

ここでは、いくつかの必要だと思われるサービスの変更方法を説明します。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

 

Googleアナリティクスの設定変更

Googleアナリティクスに設定しているURLを変更します。

①Googleアナリティクスにログインします。
Googleアナリティクス

②左メニューの【管理】をクリック。
管理をクリック

【プロパティ設定】をクリック。
プロパティ設定をクリック

④デフォルトのURLを”https://”に変更し、画面を一番下にスクロールして、【保存】をクリック。
URL変更

Googleアナリティクスの変更は完了です。画面はそのままにして、つぎのGoogleサーチコンソールの設定変更に移ります。

Googleサーチコンソールの設定変更

Googleサーチコンソールも設定しているURLを変更します。

①先ほどのGoogleアナリティクスの画面にある【Search Consoleを調整】をクリック。
Search Consoleを調整をクリック

②URLの右にある【削除】をクリック。
Search Consoleの設定

【詳細】をクリック。
詳細をクリック

【プロパティを関連付ける】をクリック。
プロパティを関連付ける

【プロパティを追加】をクリック。
プロパティをクリック

【プロパティを追加】をクリック。
プロパティを追加をクリック

URL(https://~)を入力し、【続行】をクリック。
URLを入力

⑧所有権は確認済みなので、【私はロボットではありません】にチェックし、【確認】をクリック。
所有権を確認

⑨”所有権が確認されました。”と表示されれば問題ありません。【続行】をクリック。
所有権を確認

⑩このように、Googleサーチコンソールに登録されました。新規追加したため、サイトマップを送信します。【URL】をクリック。
サーチコンソール

⑪Googleサーチコンソールの左メニューの【クロール】⇒【サイトマップ】をクリック。
サイトマップ設定

⑫サイトマップ設定画面が表示されます。右上の【サイトマップの追加/テスト】をクリック。
サイトマップを追加

”sitemap.xml”と入力し、【送信】をクリック。
サイトマップ追加

【ページを更新する。】をクリック。
ページを更新する

⑮自分のサイトマップに”sitemap.xml”が登録されました。
サイトマップ表示

これで”https://”のサイトマップの登録は完了です。右側に『保留』と表示されていますが、数日経つと、送信およびインデックスされた件数が表示されるようになります。

まとめ

WordPressをSSL化(https)にする方法を説明しました。

SSL化後のエラーを確認する作業が少し大変ではありますが、手順どおり行っていけばSSL化することができます。

  • Google社ではSSL化サイトを推奨しているし、検索エンジンでの評価にSSL化することで有利になる。
  • サイトの表示速度が速くなる。
  • 通信が暗号化されるので、お問い合わせフォーム、コメントなどを安心して入力できる。

など、メリットが大きいので、早めにSSL化することをおすすめします。

もし、『自分でSSL化するのは不安。』、『作業をするのが面倒。』と思ったら、僕があなたのブログのSSL化を代行するサービスも行っていますので、お問い合わせフォームからご連絡ください。

もし、このブログを読んで、興味を持った。質問がある。感想がある。などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事