こんにちは、久川和人です。

Googleアドセンスに関する、こんなような問い合わせがありました。
『Simplicityの子テーマで、Googleアドセンス審査の際、<head>から</head>の間に審査コードを入れてくださいという指示があるのですが、そういう内部に何かしないといけない時って、何か問題が起きたりします??』

そうなんです。Googleアドセンスを申し込むときに、あなたのブログに審査コードを<head>タグに貼り付ける必要があるんです。
こんな画面ですね。
アドセンス審査コード貼り付け画面

でも、これって、ワードプレスを使い始めたばかりだと難しいですよね。

<head>タグがどこにあるのかわからないし、<head>タグの場所がわかってもコードを貼り付けて問題ないのか不安になりませんか?

そこで今回は、『Simplicityの子テーマでアドセンス審査コードを<head>タグに貼り付ける方法』について説明していきます。

先に、問い合わせの
『内部に何かしないといけない時って、何か問題が起きたりします??』
の回答ですが、
『正しい位置に、アドセンス審査コードをそのまま加工せずに全て貼り付ければ問題ありません。』

ただ、中途半端に張り付けたり、<head>タグ以外の場所に貼り付けたりすると、ブログが表示されなくなる場合もありますので、注意が必要です。

簡単に次の章で説明します。

アドセンス審査コードを<head>タグに貼り付けるときの注意事項

注意点としては、以下の2点。

  1. アドセンス審査コードを改ざんしない(そのまま貼り付ける)。
  2. 複数のコードを貼り付ける場合は、それぞれ独立して貼り付ける。

1.アドセンス審査コードを改ざんしない

アドセンスコードは、そのままの状態で貼り付けます。
改行を入れたりすると、上手く動作しない場合がります。
アドセンス審査コード貼り付けイメージ4

2.複数のコードを貼り付ける場合は、それぞれ独立して貼り付ける。

※Simplicityではアドセンス審査コードを貼り付ける場所がありますので、以下は一般的なアドセンス審査コードを張り付ける際の注意としご覧ください。

アドセンス審査コードは、<head>タグのすぐ後に貼り付けます。
イメージとしては、こんな感じ。
アドセンス審査コード貼り付けイメージ

ただ、<head>タグの中には、アドセンス審査コード以外にも、アクセス解析などのコードもあったりします。
その場合は、こんなイメージで貼り付ければ問題ありません。
アドセンス審査コード貼り付けイメージ2

間違っても、つぎのイメージのように、他のコードの中に貼り付けないようにしてくださいね。
正常に動作しなくなります。
アドセンス審査コード貼り付けイメージ3

<head>タグ内に、複数のコードを貼り付ける場合は注意してくださいね。

Simplicityの子テーマでアドセンス審査コードの貼り付け方法

親テーマのheader.phpに直接貼り付ける方法もありますが、親テーマをアップデートすると、header.phpが新しい内容に変わってしまう場合があり、アドセンス審査コードが消えてしまう場合がありますので、おすすめできません。

そのため、親テーマをアップデートしても消えない方法として、Simplicityの子テーマで実際にアドセンス審査コードを張り付ける方法を説明します。

ワードプレス管理画面の左メニューの【外観】⇒【テーマの編集】をクリックします。
テーマの編集をクリック

右側のテーマファイルから、【header-insert.php】をクリックします。
header-insert.phpクリック

Googleアドセンスの申し込み画面の【コードをコピー】をクリックします。
コードをコピーをクリック

ワードプレスのテーマの編集の赤枠部分をクリックします。
クリックすると、カーソルが下図のように表示されます。
header-insert.php表示

この状態で、キーボードの【ctrl】+【v】(【ctrl】キーを押しながら【v】キー)を押します。
すると、下図のように、アドセンス資産コードが貼りつきます。
審査コード貼り付け

アドセンス審査コードが貼りついたら、画面の下にある【ファイルを更新】をクリックします。
ファイルを更新

更新されると、【ファイルの編集に成功しました。】と表示されます。
ファイルの更新完了

これでSimplicityに審査コードが張り付きました。
再度、アドセンスの申し込み画面に戻ります。
①【自分でサイトにコードを貼り付けたか、コードの貼り付けをメールで依頼しました】をチェック。
②【完了】をクリック。
Googleアドセンス審査

下図のように、表示されれば完了です。Googleアドセンス審査完了

審査結果は早ければ数時間で、メールが送られてきます。

上記のやり方で保存できない場合

WordPress4.9以降、WordPress管理画面のテーマの編集から、編集しようとすると、エラーが発生することがあります。

その際の対応方法は、こちらをご覧ください。

 

まとめ

SimplicityでGoogleアドセンスの審査コードの貼り付け方について説明しました。

アドセンスの審査コードは、Simplicityの場合は、以下の2点だけ注意すれば大丈夫です。

  • 改ざんせず、そのまますべて貼り付ける。
  • header-insert.phpの所定の場所に貼り付ける。
    (<?php //ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入 ?>の下の行)

 

もし、このブログを読んで、ご意見、ご質問、ご感想などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事