久川和人です。

2018年12月7日にWordPress5.0がリリースされました。

「WordPress4.9.9まで」と「WordPress5.0」のバージョンとの大きな違いは、記事や固定ページを書く際のエディターが違うものに変更されていることです。

WordPress5.0ではエディターの違いから、WordPressテーマやプラグインが対応していないものがあります。その場合は、旧エディターを利用することで回避させることができる場合もあります。

今回は、WordPress5.0で旧エディター(ビジュアル・テキスト)を利用する方法についてお話していきます。

「WordPress5.0」と「WordPress4.9.9まで」のエディターの違い

「WordPress5.0」と「WordPress4.9.9まで」のエディターの違いは次のとおりです。

バージョンごとにエディターの違い
  • WordPress4.9.9まで:ビジュアル、テキスト
  • WordPress5.0:Gutenberg(グーテンベルク)

違いは、WordPress4.9.9までにあったビジュアルエディター、テキストエディターが廃止され、WordPress5.0ではGutenberg(グーテンベルク)という新しいエディターに変わっています。

Gutenbergの画面は、下図のとおり。従来のように2つのエディター(ビジュアル、テキスト)の区別はなく、この画面だけです。

グーテンベルグの表示

Gutenbergは、従来のビジュアルエディターよりも、実際のブラウザで見たときと同じような画面に近づけた作りになっていて、慣れてしまえばGutenbergの方が使いやすいかもしれません。

ただ、ビジュアルエディター用のプラグインが使用できなくなっています(例えば、AdSense Integration WP QUADS)。

まだ、WordPress5.0がリリースされた直後なので、今後、ビジュアルエディター用のプラグインが廃止されるのか、プラグインがバージョンアップして利用可能になるのかはわかりません。ただ、現時点で使用できないものは、つぎで説明する方法で、旧エディターに戻すことで利用可能です。

WordPress5.0で旧エディター(ビジュアル・テキスト)を利用する手順

WordPress5.0で旧エディター(ビジュアル・テキスト)を利用する手順を説明します。旧エディターを使用するには2つの方法があります。

  1. プラグイン【TinyMCE Advanced】のプロパティを設定する。
  2. プラグイン【Classic Editor】を導入する。
  3. WordPressテーマがSimplicityの場合のみ:Simplicityのカスタマイズで設定する。

簡単なのは、”1のプラグイン【TinyMCE Advanced】のプロパティを設定する。”または、”3.WordPressテーマがSimplicityの場合のみ:Simplicityのカスタマイズで設定する。”です。

プラグイン【TinyMCE Advanced】のプロパティを設定する

すでに、プラグインの【TinyMCE Advanced】をインストールしている場合は、TinyMCE Advancedをバージョン4.8.2以上に更新します。

なお、TinyMCE Advancedのインストール、設定方法についてはこちらをご覧くださいね。

TinyMCE Advancedの設定方法と使い方を解説

■プラグインの更新方法
1.WordPress管理画面の左メニューの【更新】をクリック。
プラグイン更新

2.①TinyMCE Advancedにチェックを入れて、②【プラグインを更新】をクリック。
プラグインを更新

3.プラグインが更新されます。

■TinyMCE Advancedの設定
1.WordPress管理画面の左メニューの【設定】→【TinyMCE Advanced】をクリック。
TinyMCE設定

2.画面を下にスクロールして、高度なオプションにある【Replace the Block Editor with the Classic Editor】をチェック。
Replace the Block Editor with the Classic Editor

3.画面を下にスクロールして、【変更を保存】をクリック。
変更を保存

プラグイン【Classic Editor】を導入する

プラグインの【TinyMCE Advanced】を利用していない場合は、プラグインの【Classic Editor】を導入します。

1.WordPress管理画面の左メニューの【プラグイン】→【新規追加】をクリック。
プラグイン新規追加

2.右の検索画面で【classic editor】と入力し、Classic Editorが表示されるので、【今すぐインストール】をクリック。※Classic Editor Addonはインストール不要です。
Classic Editorを選択

3.【今すぐインストール】をクリック。
今すぐインストール

4.【有効化】をクリック。
有効化をクリック

これで、投稿や固定ページで旧エディター(ビジュアル、テキスト)を使用することができます。なお、Classic Editorは、2022年までサポートされる予定となっています。

WordPressテーマがSimplicityの場合のみ:Simplicityのカスタマイズで設定する

WordPressテーマがSimplicityの場合、Simplicityのバージョンが2.7.3以上だと、カスタマイズの設定画面から変更することが可能です。

1.WordPress管理画面の左メニューの【外観】→【カスタマイズ】をクリック。
カスタマイズへ移動

2.左メニューの【管理者機能】をクリック。
管理者機能

3.【ブロックエディターを有効化】にチェックを入れ、【公開】をクリック。
ブロックエディターを有効化

WordPress5.0で旧エディター(ビジュアル・テキスト)からGutenbergに戻す方法 ※Classic Edetorを導入した場合

WordPress5.0で旧エディター(ビジュアル・テキスト)からGutenbergに戻す場合は、Classic Editorプラグインを停止するだけです。

1.WordPress管理画面の左メニューの【プラグイン】→【インストール済みプラグイン】をクリック。
インストール済みプラグインへ移動

2.Classic Editorの【停止】をクリック。
プラグインの停止

これで、投稿や固定ページでGutenbergが使用できるようになります。

再び、Classic Editorを使いたい場合は、【有効化】をクリックします。
プラグイン有効化

Classic Editorが不要な場合
Classic Editorを今後使わない、しばらくの間は使うことがないという場合は、Classic Editorを削除することをおすすめします。それは、プラグインがインストールされていると、WordPressの動作が遅くなったり、他プラグインとの相性で不具合を起こすことを防ぐためです。
削除は、プラグインを停止した後、【削除】をクリックします。
プラグイン削除
削除した後に、Classic Editorを使いたくなったら、再度、Classic Editorをインストールして有効化すれば使用できるようになります。

まとめ

今回は、WordPress5.0で旧エディター(ビジュアル・テキスト)を利用する方法についてお話ししました。

今後は、Gutenbergが主流になっていくと思われますが、WordPressテーマや一部のプラグインが対応できていない場合があります。

WordPress5.0以降にバージョンアップする際は、

  • 現在使用しているWordPressテーマの公式ホームページで、WordPress5.0に対応しているか確認する。
  • WordPressのバックアップを取る。

をしてから、バージョンアップするようにしてくださいね。

バージョンアップ後、旧エディターを使用するためには、以下のいずれかの方法を行います。

  • TinyMCE Advancedプラグインを設定する。
  • Classic Editorプラグインを導入する。
  • WordPressテーマがSimplicityの場合のみ:Simplicityのカスタマイズで設定する。

そうすることで、Gutenbergで使用できなくなったエディター用のプラグインも使えます。ただし、一部のプラグインでWordPress5.0で使えないものもあるかもしれません。

なお、エックスサーバーでWordPressのバックアップの方法は、こちらの記事を参照してみてくださいね。

WordPressのバックアップを簡単に取得する方法

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事