こんにちは、久川和人です。

今回は、Contact Form 7のインストール・設定・使い方について説明していきます。

【Contact Form 7】は、ワードプレスにコンタクトフォーム(お問い合わせフォーム)を簡単に作成できるプラグインです。

ブログにお問い合わせフォームがないと、読者さんが問合せをしたい時に、どうやって問い合わせていいいのかわかりません。

読者さんからの意見や疑問、感想などをいただくことは、あなたが気付いていないことだったりするのでブログを運営していく上でとても大事なことです。

お問い合わせフォームは必ず設置しましょう。

Contact Form 7のインストール方法

Contact Form 7のインストールを行います。

まずは、ワードプレスの管理画面にアクセスします。

管理画面の左メニューの【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。
プラグイン導入

①右上のキーワードに【contact form 7】と入力し、
②Contact Form 7を確認したら、【今すぐインストール】をクリックします。
プラグインインストール

【有効化】をクリックします。
プラグイン有効化

プラグイン一覧画面に切り替わり、【プラグインを有効化しました。】と表示されます。
プラグイン有効化

Contact Form 7がインストールされ、有効化されました。

Contact Form 7の設定方法

つぎにContact Form 7でお問い合わせフォームを作成していきます。

流れとしては、
・お問い合わせフォームを作成
・お問い合わせフォームの設置
となります。

1.お問い合わせフォームを作成

お問い合わせフォームを作成していきます。

有効化されると、管理画面の左メニューに【お問い合わせ】という項目が追加されます。

【お問い合わせ】⇒【新規追加】をクリックします。
コンタクトフォーム新規追加

コンタクトフォームを新規追加する画面が表示され、【フォーム】タブが選択されています。【フォーム】タブでは、コンタクトフォームの内容を作成する画面が表示されます。

①お問合せフォームの名前です。
ここでは、『お問い合わせ』と入力しています。
②お問い合わせフォームの内容です。必要に応じて変更します。
おすすめの変更内容はこのあと説明します。
③変更が終わったら、【保存】をクリックします。
IMG_01405

なお、②の状態だと、以下のように表示されます。
お問合せフォームイメージ

見た目は、上の図と同じですが、お問い合わせフォームからスパムメール(迷惑メール)が入ってくることがあります。

スパムメールを防ぐために、『Akismet』というプラグインを有効化していると、スパムメールのチェックができるんです。

そこで、以下のように変更してみてください。コピーして文字を張り付けても大丈夫です。

<label> お名前 ※ハンドルネームでも可 (必須)
[text* your-name akismet:author] </label>

<label> メールアドレス (必須)
[email* your-email akismet:author_email] </label>

<label> 題名
[text your-subject] </label>

<label> メッセージ本文
[textarea your-message] </label>

[submit "送信"]

これで、スパムメールを防ぐことができますよ。

Akismetを有効化していない場合は、以下を参考にしてみてください。
Akismetの設定方法を解説~APIキーと取得してスパムコメントを防ごう

つぎに、【メール】タブをクリックします。【メール】では、読者さんのお問い合わせ内容を設定したメールアドレスに送ってくれます。
メールタブをクリック

①送信先:
お問い合わせ内容が届くメールアドレスを設定します。
お問い合わせ専用のメールアドレスを設定すると、お問い合わせが来たことがわかりやすくなります。
②送信元:
メールを送る際の送信元です。
以下のように変更すると、あなたからのメールだということがわかりやすくなります。
[your-name] <[your-email]>
③題名:
お問い合わせ内容のメールの題名(タイトル)です。
お問い合わせが来たことがわかりやすいように変更できます。
④追加ヘッダー、メッセージ本文:
このままで問題ありません。
メールタブ1

メール(2)では、お問い合わせをしてくれた読者さんへの自動返信メールの設定を行います。

画面を下にスクロールして、【メール(2)を使用】にチェックを入れます。
メール(2)設定

チェックを入れると、メール(2)の入力画面が表示されます。

⑤送信先:
お問い合わせをしてくれた読者さんのメールアドレスになります。
[your-email]のままにしておきます。
⑥送信元:
あなたの名前<問い合わせ用メールアドレス>を入力します。
あなたの名前はブログで使っているハンドルネームで問題ありません。
⑦題名:
メールを送信する際の題名(メールタイトル)です。
そのままでもよいですが、『お問い合わせありがとうございます。』などに変更するのもよいです。
⑧追加ヘッダー:
削除して問題ありません。
メール(2)設定2

⑨メッセージ本文:
お問い合わせをしてくれた読者さんに届くメール本文です。
メール(2)設定3

これだとメッセージ本文が、さみしい感じがするので、僕の場合は、以下のように変更しています。

[your-name] さん

お問い合わせありがとうございます!

こんにちは、久川和人です。
お問い合わせありがとうございます。
お問い合わせ内容により、返信にお時間を頂く場合もあります。
ご了承ください。
なお、3日以上経ちましてもお返事が届かない場合は
うまくメールが届いていない可能性もあります。
その様な場合は再度違うメールアドレスにて
ご連絡頂けますと助かります。
どうぞご理解とご協力を宜しくお願い致します。

--------------------------
以下の内容でメールを受け付けました。
--------------------------
■お名前 [your-name] ■メールアドレス [your-email] ■お問い合わせ内容
[your-message]

設定が終わったら、【保存】をクリックします。
保存をクリック

【保存】をクリックすると、以下のようなエラーメッセージが表示される場合があります。
エラーメッセージ
登録した読者さんのメールアドレスが送信元になっているため、このようなメッセージが出ますが、このまま登録して問題ありません。

これでお問い合わせフォームが作成できました。

2.お問い合わせフォームの設置

お問い合わせフォームの作成ができたら、つぎにお問い合わせフォームの設置を行います。

先ほどのコンタクトフォーム追加の画面で【保存】をクリックすると、次のようなショートコードが作成されます。
コンタクトフォーム
この赤枠の文字をコピーします。

つぎに、管理画面の左メニューの【固定ページ】⇒【新規追加】をクリックします。
固定ページ新規作成

固定ページの新規作成画面が表示されます。

①お問い合わせフォームのタイトルを入力します。
ここでは、『お問い合わせ』と入力しています。
②お問い合わせ用の文章と、先ほどコピーしたショートコードを設置します。
お問合せフォーム用固定ページ

このように設定すると、以下のように表示されます。
お問合せフォームサンプル

設定が終わったら、【公開】をクリックします。
固定ページ公開

この固定ページをブログのメニューなどに表示させます。

これで、お問合せフォームの設定、設置は完了です。

メニューにお問い合わせフォームを設定する場合は、以下の記事をご覧ください。

 

コンタクトフォームの修正方法

コンタクトフォーム(お問い合わせフォーム)の内容を変更したい場合は、管理画面の左メニューの【お問い合わせ】⇒【コンタクトフォーム】をクリックします。
コンタクトフォームへ移動

コンタクトフォームの一覧が表示されます。

変更したいコンタクトフォームのタイトルをクリックします。
コンタクトフォーム編集

編集画面が表示されます。修正が終わったら、【保存】をクリックします。
コンタクトフォーム編集

まとめ

Contact Form 7のインストールと設定方法について説明しました。

お問い合わせフォームは、読者さんが問合せをしやすくなります。また、読者さんから質問や問い合わせなどは、ブログを運営する上で大変参考になるので、自分の成長にもつながります。

Contact Form 7はお問い合わせフォームが簡単に作成できるので、導入してみてくださいね。

もし、このブログを読んで、ご意見、ご質問、感想などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事