こんにちは、久川和人です。

今回は、WP Multibyte Patchの有効化する方法とその必要性について説明しています。

【WP Multibyte Patch】は、WordPressに最初からインストールされているプラグインです。でも、有効化されていません。

そのため、
「有効化する必要があるのか?」
「削除して問題ないのか?」
といった疑問をもつ場合もあるかと思いますので、最初にWP Multibyte Patchの機能について説明します。

WP Multibyte Patchの機能

WP Multibyte Patchの主な機能は次のとおりです。

  • 文字数カウント不具合を修正:投稿記事を書いた際に書いた文字数を正しく表示させます。
  • 検索時の全角スペースの誤認識を修正:検索時、全角スペースを区切り文字として認識させます。
  • 文字化けの防止:UTF-8の文字コードをアップロードする際、文字化けを防止します。
  • トラックバック・ピンバックのバグ修正:UTF-8以外の文字コードから、トラックバック・ピンバックを受けた際、文字化けを防止します。

などがあります。

一言でいうと、日本語を利用する際の文字化けなどを防ぐプラグインです。

ということで、WP Multibyte Patchは有効化した方が良いということになります。

WP Multibyte Patchの有効化方法

WP Multibyte Patchを有効化するため、ワードプレス管理画面にアクセスします。

管理画面の左メニューの【プラグイン】⇒【インストール済みプラグイン】をクリックします。
インストール済みプラグイン

画面を下にスクロールして、WP Multibyte Patchの【有効化】をクリックします。
WP Multibyte Patch有効化

「プラグインを有効化しました。」と表示が出れば完了です。
プラグインの有効化

WP Multibyte Patchは設定などは不要です(設定箇所はありません)。

WP Multibyte Patchがインストールされていない場合

WP Multibyte Patchを誤って削除したなどで、プラグインの一覧にWP Multibyte Patchがない場合はインストールをします。

インストール方法は、管理画面の左メニューの【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。
プラグイン導入

①右上のキーワードに【wp multibyte】と入力し、
②WP Multibyte Patchを確認したら、【今すぐインストール】をクリックします。
プラグインのインストール

【有効化】をクリックします。
プラグインの有効化

「プラグインを有効化しました。」と表示が出れば完了です。
プラグインの有効化

まとめ

WP Multibyte Patchプラグインは、日本語を利用する際の不具合を解消させるために、有効化することと、有効化の方法について説明しました。

WordPress導入後は、忘れずにWP Multibyte Patchを有効化してくださいね。

もし、このブログを読んで、興味を持った。質問がある。感想がある。などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事