こんにちは、久川和人です。

今回は、Screenpresso(スクリーンプレッソ)を使った、パソコン画面の録画・録音する方法を解説していきます。

Screenpressoのインストール・初期設定、画面キャプチャの取得、加工方法はこちらをご覧ください。
Screenpressoのインストールと初期設定方法を解説
Screenpressoを使った画面キャプチャの撮り方を解説
Screenpressoで画像を加工する方法を解説

パソコン画面の録画方法

パソコン画面の録画をするため、Screenpressoのワークスペースを起動させます。

①Windowsのスタートメニューから、【Screenpresso】をクリック。
Screenpresso起動

すでに起動している場合は、画面右下の【Screenpresso】アイコンをクリック。
Screespress起動

②Screenpressoのワークスペースが起動します。
Screenpresso起動

③【キャプチャ】をクリックし、【録画】をクリック。
録画を起動

④録画したい画面サイズを調整します。四角い枠の大きさを直接変えるか、プルダウンで大きさを選びます。
録画範囲を指定

プルダウンで、大きさを選ぶ場合
プルダウンで選択

⑤【トレンチアイコン】をクリックし、必要項目にチェックを入れます。
録画オプション

項目の内容は以下のとおりです。

  • 直接MP4に録画:録画したファイルをMP4形式で保存。通常だとavi形式で保存されます。YouTubeに動画あげる場合はチェックしましょう。
  • キャプチャを送らせて起動(3秒):3秒後に録画を開始します。
  • カーソルを強調:マウスのカーソルが強調されます。
  • マウスクリックで強調:マウスをクリックすると強調されます。
  • 録音&マイクロフォン:録画と合わせて録音されます。
  • システムサウンドを録音:システムサウンド(ポップアップメッセージなどの音)を録音させます。

⑥設定が完了したら、【録画ボタン】をクリック。
録音開始

⑦録画が開始されます。動画を終了させる場合は、【PrintScreen】キーを押します。

⑧Screenpressoメディアプレーヤーが起動します。
Screenpressoメディアプレーヤー

⑨録画したファイルを保存する場合は、【保存】をクリック。
保存をクリック

⑩追加のソフトウェア(FFmpeg)のダウンロードが求められる場合があります。YouTubeでは、動画を変換しなくても再生できるので、ダウンロードは不要です(Screenpressoバージョン1.7.2.0時点)。右上の【×】をクリック。
FFmpegのダウンロード

※毎回表示されるため、煩わしい場合はダウンロードしてください。

⑪さらに、ダウンロードを促すメッセージが表示されます。【キャンセル】をクリック。
ダウンロードのキャンセル

⑫録画したファイルが保存されます。
録画したファイル

Screenpressoで録画したファイル例

Screenpressoで録画したファイルのイメージです。なお、Screenpresso無料版の場合、最後の3秒間は、Screenpressoのロゴが表示されます。

動画ファイルの保存先

動画ファイルの保存先は、画像と同じ場所に保存されます。

①動画ファイルを右クリック。
録画したファイル

②メニューが表示されるので、【保存先のフォルダーを開く】をクリック。
保存先フォルダをクリック

③保存先のフォルダが表示されます。デフォルトは、「C:\Users\<ユーザー名>\Pictures\Screenpresso」です。
保存先フォルダ

まとめ

Screenpressoのパソコン画面の録画方法について説明いたしました。

Screenpresso無料版の場合、最後の3秒間にScreenpressoロゴが表示されるということがありますが、録画自体は簡単です。

もし、このブログを読んで、興味を持った。質問がある。感想がある。などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事