達成感

こんにちは、久川和人です。

「自分はブログで1記事書くのもやっとなのに、何で他の人はあんなに簡単に記事を書いているのだろう。」

「自分はひとつの企画を出すのにも四苦八苦しているのに、何であの人は楽々と斬新な企画を出してくるのだろう。」

このことは僕の経験談なのですが、本業では会社に勤めながら、副業でブログを書いていると、そのように人の才能がまぶしく見えてくることってありませんか。

しかし、まぶしくみえる他人の才能をうらやんでも、何も始まりません。あなたのやるべきことはちゃんと他にあるのです。

今回は、人の才能をうらやむ前に、コツコツ続けてみようについてお話していきます。

コツコツ続ける習慣

やるべきこととは、自分のできる努力をコツコツ続ける習慣を身につけることです。その「習慣」によって「才能」を超えることができると僕は思っています。

僕はうつ病で休職していたころ、近所にあるお寺の座禅会に参加していたことがあります。その座禅会では、早朝5時に、お経を読み、座禅をして、最後にお寺の庭の掃除をするのです。これを続けること3か月。毎回同じことをしているうちに、座禅会に間に合うように早朝4時に起きるようになり、お経も、座禅も、庭の掃除も・・・これらの修行のすべてが習慣となり、身についていきました。「体が勝手に覚えていく」といってもいいかもしれません。

その座禅会を行っているお寺の住職がおっしゃっていたのは、座禅会(修行)の本質は「繰り返し続けること」にあるということ。いくらお経を理解する能力にすぐれていても、こうした努力を怠っていたら修行にならないのです。

それに米メジャーリーグで活躍したイチロー選手にもこんな言葉があります。

努力せずに、何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思います。人が僕のことを、努力せずに打てるのだと思うなら、それは間違いです。

プロ野球の天才プレーヤーであるイチロー選手でも、努力なきところに天才もないということをいっているのです。

イチロー選手と同じ才能、またはそれ以上の才能を持っていても、努力をしなかったら、その才能が開花することはなく、まさに、努力に勝る才能はないといえます。

自分のできるコツコツを続けること

それでは、どのようにしてコツコツ続けていけばいいのか。

それは、とにかくやってみるということです。そして、小さいことから始めて、継続していくということ。

仕事であれば、毎朝、出社したら自分の席の近くの同僚に「おはようございます。」とあいさつをする。ちょっとしたことでも「ありがとう。」と口頭やメールで相手に伝える。与えられた仕事を時間を決めて少しずつでも進める。一つの仕事を細分化して、一つずつ進めてみる。

 

ブログであれば、1日1記事を書くのが大変だと思ったら、1日1章だけ書く。それも大変だったら、ブログのネタを探す日を設けたりしながら、1日1行でもいいので毎日継続して書いていくことです。

他の人の書いたブログのことなど気にせずに、自分のペースで「コツコツ」と進めてみる。

そのような小さなことを積み重ねていくと、大きな資産となっていきます。そして、ときには1日1行しか書けなかったのに、今日は1日1記事書けたといった日もあるかもしれません。

おわりに

今回は、人の才能をうらやむ前に、コツコツ続けてみようについてお話しました。

才能は生まれ持ったものかもしれません。でも、「あの人の才能が欲しい」と思ったところで才能がもらえるわけではありません。ですが、努力であれば自分の意思でもできます。

他の優秀な人のことなど気にせずに、小さいこと、ちょっとしたことでも「コツコツ」始めてみることです。

コツコツと続けた先には、大きな資産となって、やがて自分の自信にもつながっていきますよ。

 

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事