こんにちは、久川和人です。

WordPress(ワードプレス)でブログを書くためには、レンタルサーバーやドメインを契約する必要があります。

ドメインは、簡単に言えば、世界で一つだけのあなた専用の住所です。あなたが見ているこのブログの場合は、
https://hisagawanet01.com
の黄色部分がドメインになります。

今回は、エックスサーバーでドメインを取得する方法と、ドメインの設定方法を画像付きで説明していきます。

レンタルサーバーやドメインについての詳しい情報は、こちらの記事を参考にしてみてください。
参考 有料ブログに必要なドメイン・サーバー・ホームページの関係を解説

エックスサーバーでドメインを取得する方法

エックスサーバーでドメインを取得する場合、事前にエックスサーバーにレンタルサーバー契約をする必要があります。

エックスサーバーにレンタルサーバー契約をする方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。
参考 エックスサーバーの申し込み方法と支払方法を画像付きで解説

1.インフォパネルにログインする

インフォパネル(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)にアクセスし、【会員ID】または、【メールアドレス】、【インフォパネルパスワード】を入力して、【ログイン】をクリックします。
インフォパネルログイン画面

【会員ID】、【インフォパネルパスワード】は、エックスサーバーを申し込んだ際に、"【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)"というタイトルのメールに書かれています。

ログインに成功すると、エックスサーバーのインフォパネルが表示されます。

2.追加の申し込みを行う

①【追加のお申し込み】をクリックし、
②【同意する】をクリックします。
もし、ドメインプレゼントキャンペーンでエックスサーバーを契約した場合は、③【プレゼントドメイン】をクリックし、1つだけ無料で申し込むことができます。
エックスサーバーのドメイン契約1

④ドメインの【新規取得】をクリックします。
エックスサーバーのドメイン契約2

3.ドメインの新規取得を行う

あなたが取得したいドメインが利用可能かどうか確認してから、申し込みを行います。

①あなたが取得したいドメイン名を入力し、
②末尾に付けたい種類を選びます(種類のことを”gTLD”とも言います)。
③入力が終わったら、【検索】をクリックします。
エックスサーバーのドメイン契約3

 ①で登録できるドメイン名は、英小文字で始まり、英小文字、数字、-(ハイフン)が利用できます。
②の種類は、「.com」または「.net」をおすすめします。

 

④のように、”この独自ドメインは申し込むことが可能です!!”と表示されれば、申し込むことができます。
⑤このドメイン名で問題なければ、【<ドメイン名>を申し込む】をクリックします。
エックスサーバーのドメイン契約4

⑥【お申し込み内容の確認】をクリックします。
エックスサーバーのドメイン契約5

⑦【料金のお支払い】をクリックします。
エックスサーバーのドメイン契約6

料金の支払い方法は、レンタルサーバーと同様に、”銀行振込”、”クレジットカード”、”コンビニエンスストア”、”ペイジー”から選ぶことができます。

なお、ドメイン料金は、年単位での支払いです。「.com」、「.net」の場合は、年額1,500円(消費税別)です。
エックスサーバードメイン料金表

料金の支払いが終わると、インフォパネルのドメイン欄に申し込んだドメイン名が表示されます。
インフォパネルのドメイン確認

ドメインの申し込みが完了しました。でも、このままだと、ドメイン名を取得しただけです。

インターネット上にあなたのブログを公開させるためには、レンタルサーバーにドメインを反映させる必要があります。

エックスサーバーにドメインを反映させる方法(ネームサーバーの設定)

次に、取得したドメイン(独自ドメイン)をサーバー側に登録します。

この独自ドメインとレンタルサーバーとの紐づけをネームサーバーの設定といいます。

独自ドメインとレンタルサーバーを別々の会社で申し込むと、独自ドメインとレンタルサーバーのそれぞれに対して設定が必要です。ただ、エックスサーバーで独自ドメインとレンタルサーバーの申し込みを行うと、一つの設定で独自ドメインとレンタルサーバーの設定が完了するので大変便利です。

1.サーバーパネルにログインする

インフォパネル(https://www.xserver.ne.jp/login_info.php)にログインします。

インフォパネルにログインしたら、サーバーパネルの【ログイン】をクリックします。
インフォパネル

サーバーパネルが表示されます。

2.サーバーにドメインを設定する

サーバーパネルの【ドメイン設定】をクリックします。
サーバーパネル

①【ドメイン設定の追加】をクリックし、
②先ほど登録したドメイン名(末尾の種類「.comなど」まで)を入力します。
③「無料独自SSLを利用する」のみチェックを入れます。
④【ドメイン設定の追加(確認)】をクリックします。
ドメイン設定の追加

③の「無料独自SSLを利用する」にチェックした場合、ブログをHTTPS化することができます。難しい説明はここでは省きますが、HTTPS化すると、ブログのアドレスが「http://hisagawanet01.com」から「https://hisagawanet01.com」に変わると覚えておいてください。

HTTPS化することによって、「暗号化通信することで読者が安全にあなたのブログを見ることができる」ようになります。

グーグルも「HTTPS化をランキングシグナルに使用します」と言っていて、つまり、HTTPS化したほうがグーグルの検索結果に有利になるということです。

後から、HTTPS化もできますが、ブログの記事の「http://~」を「https://~」に変更したりする必要があるため、大変な作業になります。そのため、ドメイン設定時に、「無料独自SSLを利用する」を導入することをおすすめします。

⑤ドメイン名を確認し、【ドメイン設定の追加(確定)】をクリックします。
ドメイン設定の確認

エックスサーバーのドメイン取得、反映はこれで完了です。

ドメインが正常に反映されれば、「https://ドメイン名」にアクセスすれば、あなたのホームページを表示させることができます。

ただ、ドメインが正常に反映されるまで、数時間~24時間ぐらいかかります。

ドメインが反映される前にアクセスすると、以下のように反映待ちの旨の画面が表示されます。
アクセスできない

ドメインが反映されると、以下のようにXSERVERの画面が表示されます。
アクセスできた画面

なお、ドメインが反映されても、お知らせメールなどは来ないため、自分で「https://ドメイン名」にアクセスできるかどうか確認するしかありません。

24時間以上経っても、XSERVERの画面が表示されない場合は、ドメイン設定が間違っている場合があります。

再度、この章の”2.サーバーにドメインを設定する”を参照して、サーバーパネルのドメイン設定が間違っていないかどうか確認してみてください。

設定があっているのに表示されない場合は、エックスサーバーの問い合わせ窓口に、電話かメールで問い合わせしてみてくださいね。すぐに確認してもらえますよ。

ドメインに反映されるを待つ間に、「WordPress(ワードプレス)」をインストールしましょう。

おわりに

ブログを書くためのサーバー、ドメインの準備ができました。

後は、「WordPress(ワードプレス)」のインストール、設定が終われば、ブログを書くことができるようになります。

ワードプレスをインストールする方法はこちらを見てくださいね。
(⇒エックスサーバーでWordPressをインストールする方法を画像付きで説明

 

もし、このブログを読んで、興味を持った。質問がある。感想がある。などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事