こんにちは、久川和人です。

今回は、Broken Link Checkerのインストール・設定・使い方について説明していきます。

【Broken Link Checker】は、ワードプレスで書いた記事のリンク先を自動的にチェックします。チェックした際にリンク切れがあるとメールにて知らせてくれて、リンク先の変更などもできるので非常に便利なプラグインです。

ブログの記事を書いていくと必ず発生するのがリンク切れ。外部のサイトのURLが変更されたり、無くなったりすることがありますが、自分でリンクを一つひとつ確認するのは大変ですよね。

そこで、Broken Link Checkerを導入して、定期的にリンク切れがないかどうか確認してもらいましょう。

Broken Link Checkerのインストール方法

Broken Link Checkerのインストールを行います。

ワードプレスの管理画面にアクセスします。

管理画面の左メニューの【プラグイン】⇒【新規追加】をクリックします。
プラグイン導入

①右上のキーワードに【Broken Link Checker】(または、broken)と入力し、
②Broken Link Checkerを確認し、【今すぐインストール】をクリックします。
Broken Link Checkerインストール

【有効化】をクリックします。
有効化

プラグイン一覧画面に切り替わり、【プラグインを有効化しました。】と表示されます。
有効化

Broken Link Checkerがインストールされ、有効化されました。

Broken Link Checkerの設定方法

Broken Link Checkerを有効化したら、基本的には、設定値を変更する必要はありません。
ただ、必要に応じて設定値を見直しても良い箇所がありますので、その部分を説明します。

管理画面の左メニューの【設定】⇒【リンクチェッカー】をクリックします。
管理メニュー

Broken Link Checkerのオプション画面が表示されます。
Broken Link Checker設定画面
①【各リンクをチェック】:デフォルトは、72時間ごとにチェックとなっています。間隔を変更したい場合は、時間を入力します。
あまり頻繁に確認すると、サーバーに負荷がかかるため、”72時間”で問題ありません。もし短くする場合は、”24時間”ぐらいが良いです。

②【通知メールアドレス】:リンク切れが発生した際、【一般設定】で入力したメールアドレスに通知されます。変更したい場合は、メールアドレスを入力します。

変更した場合は、画面を下にスクロールして、【変更を保存】をクリックします。
設定を保存

リンクエラーが発生した際の対処方法

リンクエラーが発生すると、メールアドレスにリンク切れエラーのメールが届きます。
メールアドレスの件名は以下のようになります。
”[ブログタイトル]リンクエラーを検出しました。”

メールを開くと、以下のようにエラー内容が表示されます。
リンクエラーメール
赤枠のURLをクリックすると、リンクエラーの一覧が表示されます。
リンクエラー一覧

※ワードプレスの管理画面からリンクエラー一覧を表示させる場合は、左メニューの【ツール】⇒【リンクエラー】をクリックします。
リンクエラーへ移動

リンクエラーを対処するには、URLにマウスのカーソルを合わせます。
リンクエラー確認
すると、

  • URLを編集
  • リンク解除
  • リンクエラーでない
  • 無視
  • 再確認

が表示されます。

リンクの再確認をする

URLが変更されていないのにリンクエラーになる場合は、一時的にリンクエラーが発生する場合もありますので、【再確認】をクリックします。
リンク再確認

【再確認】をクリックして、ステータスが【200 OK】と表示されればリンクに問題はありません。
【リンクエラーでない】をクリックします。
リンクエラーでない

これで、リンクエラーが解消され、リンクエラーの一覧からも表示されなくなります。

URLを変更する

URLが変更になったりしてエラーになっている場合は、URLの編集ができます。
【URLを編集】をクリックします。
URL編集

①【テキスト】や【URL】を変更します。
②変更したら【更新】をクリックします。
URL変更

【再確認】をクリックし、て、ステータスが【200 OK】と表示されればリンクに問題はありません。
リンク再確認

【リンクエラーでない】をクリックします。
リンクエラーでない

これで、URLが変更されて、リンクエラーの一覧からも表示されなくなります。

リンクを解除する

リンク自体を削除する場合は、【リンク解除】をクリックします。
リンク解除

リンクを解除しても、記事のリンクが解除されるだけで、記事の中身はそのままです。

まとめ

Broken Link Checkerのインストール方法と設定、使い方について説明しました。

記事が古くなると、あなたが知らないうちに、リンク先のサイトが変更・削除されたりする場合もあります。

リンク切れを確認するために、一度書いた記事のリンク先を手動でチェックするだけでも大変な作業になり、その分ブログの更新も遅くなるなんてことにもなりかねません。

Broken Link Checkerを導入すると、定期的に自動でリンク切れをチェックしてくれるので、非常に便利だし、チェックする手間も省けるので、導入してくださいね。

もし、このブログを読んで、興味を持った。質問がある。感想がある。などがありましたら、お気軽にお問い合わせにてご連絡くださいね。
久川に問い合わせてみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

プレゼント付き!メルマガ登録はこちら♪

メルマガ登録

久川和人のうつ病克服への日記を別のブログで書いています。読んでもいいよって方は、以下をクリックしてみてくださいね♪
日記
好きなことを仕事にできるブログライティングが身に付く教科書”ドリームライティング”
ドリームライティング

趣味ブログから始めて、
あなたの好きな場所で、好きな時間に、好きなことを仕事にできるブログライティングを身に付けてみませんか?
そんな夢が叶う教科書が”ドリームライティング”です。
今なら僕の特典も付いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事